部屋で活用する

香水を部屋で活用する

量が多い、香りに飽きてしまったなどで使い切れなかった香水の処分に困っているという人もいると思われます。
そんな香水は部屋で活用することがおすすめです。
お湯を入れたコップに数滴落として部屋に置いておけば、良い香りで芳香剤代わりとして活用することができます。
拭き掃除をするときに雑巾に1〜3吹きしておけば掃除をしたところが良い香りになり、気持ち良く過ごすことができるようになります。
掃除機にも吹きかけておけば、掃除中の不快な臭いを防ぐことができます。
また、ルームフレグランスとしても活用でき、香水の入ったボトルに竹串を数本刺しておくだけでリードディフューザーとなり、竹串が香りを吸い上げた良い香りが広がります。
ドラッグストアで販売されている無香料の消臭ビーズにスプレーするだけでもでき、ビー玉を混ぜたいりドライフラワーを飾れば立派なインテリアとなります。
ほかには、無水エタノールと精製水を入れたスプレーに香水を少量入れればどこにでも吹きかけられるスプレーが完成します。

香水をお部屋に使う

お気に入りの香水をルームフレグランスとして使ってみると、お部屋で過ごす時間をより楽しくできます。
使い切れずに残ってしまっている香水の有効活用にもなります。
そのやり方はいくつかあり、香水瓶のふたをはずし、竹串を数本さすと、竹串が香りを吸い上げ、リードディフューザーになります。
香りが弱い場合は竹串の代わりに綿棒をさすとよいでしょう。
ソラフラワーや香りの抜けたポプリなどのドライフラワー、フェルトのオブジェなどに数滴たらし、部屋に飾っておくとルームフレグランスになります。
コットンに染み込ませて、きれいな布でくるみリボンで結ぶと、手作りのサシェのできあがりです。
コップにお湯を入れ、そこに数滴たらすと、より強めの香りが楽しめ、寝る前のリラックスタイムにぴったりです。
ほのかに香るように、香水は少なめにするのがポイントです。
あまり多いと、香りがきつくなってしまいます。
また、開封後はどんどん香りも抜けていきますから、早めに使うようにするといいでしょう。

recommend

2016/12/21 更新